鼠径ヘルニアについて|下腹部のでっぱり|太ももが膨らむ|病気のまとめサイト

ソケイヘルニアってどんな病気なの?教えて、先生!

ソケイヘルニアってどんな病気なの?教えて、先生!

ソケイヘルニア(大腿(だいたい)ヘルニア)とは

ソケイ部とは「太もも」もしくは、足の付け根部分のことをいいます。

ヘルニアとは、体組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。

太ももの付け根には、筒状のソケイ管が、筋膜をつらぬくように通っており、ソケイ管は、男性では睾丸とつながる血管や精管(精子を運ぶ管)を、また、女性では子宮を支えるじん帯があります。

ソケイヘルニアとは、本来、お腹の中にあるはずの腹膜や腸(主に小腸)の一部が、ソケイ部筋膜の間から皮膚の下から出てくる下腹部の病気です。

昔から「脱腸」とも呼ばれている病気です。

ソケイヘルニア(大腿(だいたい)ヘルニア)とは

ソケイヘルニアは、珍しくない病気です

ソケイヘルニアになる方は、年々増加しています。

ソケイヘルニアは、日本国内で、外科の外来ではよくみられる一般的な病気です。

患者数は、年間14万~16万人の方が治療を受けていると推定されています。

加齢により、筋膜が弱くなることに加え、メタボリックシンドロームの原因といわれる内臓脂肪型肥満や、前立腺肥大が原因であることから、ソケイヘルニア(脱腸)の患者は、生活習慣病患者の増加と同様に、年々増加しているといわれています。

ソケイヘルニアのイメージ

ソケイヘルニアは、子供がかかる病気と思われがちですが、実は成人に多く見られる病気です。

手術以外、治療方法がありません。

手術というと、なんだか大変そうに聞こえがちですが、痛みも少なく、短期入院で治療できる病気です。また、新しい手術方法が普及しており、QOL(生活の質※1)向上には、積極的に治療した方が良い病気です。

ソケイヘルニアのイメージ

※1
QOLとは、クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life)の略。病気を治療ことだけでなく、前向きな気持ちで日々を暮らしていけるよう、生活の質を高めることを指します。