鼠径ヘルニアのいろいろな症状|脱腸の初期・中期・末期症状

ソケイヘルニアのいろいろな症状

いろいろな症状

ソケイヘルニアの症状

太ももの付け根周辺が膨らみます

初期症状

初期症状

座っていた状態から、立った時やお腹に力を入れたときにソケイ部(※2)の筋膜が緩み出来た入口の隙間から、腹膜や腸(主に小腸)にごく薄い腫れができます。通常は、指で押さえると引っ込む程度です。

時々現れる症状
  • 押すともとに戻る柔らかい膨らみ
  • 突っ張り感
  • 不快感や違和感
  • 引っ張られる感覚

中期症状

太ももや足のつけねのソケイ部(※2)に何か出てくる様になり、腹壁や腸(主に小腸)などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。お腹の中から腸が脱出してくるので、俗に「脱腸」と呼ばれています。

初期症状が常に、またはハッキリとした症状
  • 押すともとに戻る柔らかい膨らみ
  • 突っ張り感
  • 不快感や違和感
  • 引っ張られる感覚

末期症状

ソケイ部(※2)の症状が出ている場所の腫れが、急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり、嘔吐する場合もあります。この末期の症状をヘルニアの嵌頓(かんとん※3)といいます。末期の症状では、早急に手術をしなければ、命にかかわることになります。

早急の手術が必要な症状
  • 膨らみが硬くなりもとに戻らない
  • 強い痛み
  • 吐き気