子どもの鼠径ヘルニア|先天性原因の脱腸|外鼠径ヘルニア率高い

子どものソケイヘルニア

子どものソケイヘルニア

女性のソケイヘルニア

成人のソケイヘルニアは、生活習慣などが大きく関わってきますが、子どものソケイヘルニアは先天性の病気です。

オムツを交換するタイミングなどで、赤ちゃんが泣いてお腹に力が入り、足の付け根が膨らんだ状態が認められ、ソケイヘルニアに気づくことがあります。初期症状は、膨らんで飛び出ている疾患箇所を手で押し込戻すことができますが、初期症状が長く続くとソケイ部が、徐々に硬くなり、内臓が戻らなくなってきます。これを嵌頓(かんとん)※3といいます。

ソケイヘルニアが発症する明確な年齢というのもハッキリとしておらず、出生した時点でソケイヘルニアになる可能性を持っているといえます。乳児健診で診断されることもあります。

1歳以下の場合は、ソケイヘルニアの疾患部が目立たなくなることもありますが、自然治癒の可能性が低い1歳以上の場合に、手術での治療が一般的です。

男児の場合

母体の中では、男の赤ちゃんの睾丸は、自分のお腹(腎臓)の下方にあります。しかし出生が近づくと腹膜を引っ張りながら、腹壁を貫通し陰嚢内に降りてきます。

通常は、睾丸が陰嚢に達すると、引っ張られて突出した腹膜は閉じ、腹腔との交通がなくなります。ところが、この閉鎖が完全に行われないと、下がってきた腹膜は袋状に残ります。その下がってきた腹膜に小腸などのお腹の中の内容物が脱出するためソケイヘルニアとなります。

女児の場合

ソケイヘルニアは、泣いたときに腸管が出てくる場合が多いのですが、女の子の場合は、それ以外に卵巣が飛び出すこともあります。

特に赤ちゃんヘルニアは、卵巣が出てしまうことがままあります。股の所に小指の先くらいの大きさで、コロッとなったシコリが出る場合もあります。これはソケイヘルニアの一種で卵巣がお腹の外にとびだしたものです。

痛みはなく、赤ちゃんの時は問題ないのですが、まれに卵巣がねじれ、腐ってしまうことがあります。ソケイヘルニアは、緊急に手術する必要はありませんが、自然治癒することはありませんので、医師への受診後、時期をみて手術を受けたほうがよいでしょう。