鼠径ヘルニアの治療法|手術方法の種類|病気のまとめサイト

ソケイヘルニアの治療法

治療について

ソケイヘルニアの治療は手術以外にありません

薬や運動療法では治療できません。ヘルニアバンド(脱腸帯)を使用されている方もいますが、治療ではなく、膨らんでいる疾患部を、ただ単に押さえているだけでバンドを外すと飛び出してきてしまいます。 対処療法という考え方もありましたが、現在では勧める医療機関はほとんどないでしょう。もし、ヘルニアバンドを提案された医療機関を受診された場合は、別の病院で受診してみましょう。ソケイヘルニアは、自然治癒ということはありません。

ソケイヘルニアは、重大な病気ではありませんが、長い間放置すると嵌頓(かんとん)という状態になることがあります。その場合は、緊急手術が必要になりますので、早めの受診と手術を行いましょう。ソケイヘルニア患者全体の約5%程度に嵌頓(かんとん)が起こるといわれています。嵌頓(かんとん)になるのは、男女の性別ではなく、ソケイヘルニア症状のおこった場所により、発症率は変わります。

嵌頓(かんとん)

ソケイヘルニアの手術方法

現在の手術方法は大きく分けて2通りに分類されます。

1.従来法(断裂している筋層を縫って塞ぐ)
従来法(マーシー法・バッシーニ法)の利点は人工補強材を使用しないで済むので、異物挿入における感染や補強材がずれることでの再発の心配はしなくて済みます。
従来法(断裂している筋層を縫って塞ぐ)
2.人工補強材を用いて断裂している穴を塞ぐ方法
直接皮膚を切開して穴にアプローチする方法と、腹腔鏡を使用し穴の後ろ側からアプローチする方法があり、術式の選択に関しては各施設において様々ですが、それぞれの症例のヘルニアのタイプに合った素材を選択し断裂した筋層の修復や補強をすることが必要です。
手術方法 従来法
(マーシー法・バッシーニ法)
人工補強材を使用する方法 腹腔鏡下手術
長所
  • 人工補強材(メッシュ)を用いない
  • 術後の痛みや突っ張る感じが少ない
  • 早期に社会復帰が可能
  • 再発率が少ない(1%以下)
  • 術後の痛みや突っ張る感じが少ない
  • 傷口が小さい
  • 早期に社会復帰が可能
  • 再発率が少ない(1%程度)
短所
  • 術後の痛みや突っ張る感じが多い
  • 術後の安静期間が長い→入院期間が長くなる
  • 再発率が高い(2~16%)
  • 創部の感染に弱い
  • 医療技術の差が出やすい
  • 医療技術の差が出やすい
  • 手術時間が長い
  • 費用がかかる
ソケイヘルニアの手術をする場合、患者となった方自身が、最善の手術方法を提案、選択できる環境にあることが最も大切なことです。

診断から、手術方法の選択の流れ

診断から、手術方法の選択の流れ