子どもの鼠径ヘルニア手術|先天性原因脱腸|手術法が異なる

子どものソケイヘルニア手術

子どものソケイヘルニア手術

子どものソケイヘルニアの手術と大人のソケイヘルニアの手術は違います。

子どものソケイヘルニアは、小児外科でも多く診られる病気の一つです。子どものソケイヘルニアは、先天的な要因で発症します。

男児の場合、出生が近づくと睾丸が陰嚢(いんのう)内に降りてき、腹膜も一緒に引っ張られて袋状になります。通常は、睾丸が陰嚢まで達すると、この腹膜は自然に閉じますが、腹膜が閉じない場合があります。そこに腸などのお腹の中の組織が入り込むことで小児ソケイヘルニアが発症します。

男児のソケイヘルニアの発症について

  1. 男児のソケイヘルニアの発症について 1
  2. 男児のソケイヘルニアの発症について 2
  3. 男児のソケイヘルニアの発症について 3

女児の場合も、ヌック管と呼ばれる管が下に降りてきて、男児と同じように腹膜が引っ張られ袋状になります。この腹膜も閉じない場合に、小児ソケイヘルニアの原因となります。小児ソケイヘルニアの治療も手術となりますが、大人の手術方法とは違います。子どもの場合、成長過程にあること、大人のように病気の原因が「身体組織の衰え」ではないため、人工補強材を用いた手術は必要ありません。子どものソケイヘルニアの手術は、ヘルニア嚢(のう)の根本を糸で縛り塞ぐ手術が基本です。

子どものソケイヘルニアの手術は、従来法の開腹手術と腹腔鏡下(ふくくうきょう)手術の2種です。開腹手術は、全身麻酔をし、ソケイ部皮膚を2cmほど横に切開します。腸(主に小腸)などが入ったヘルニア嚢を周囲の組織からきれいに剥がし取り外します。ヘルニア嚢根本のヘルニア門で縛り塞ぎ、お腹の中の組織が外に出てないようにします(下記図)。

ヘルニアのうを縛る 小児鼠径ヘルニア(脱腸)のイメージ

従来法以外に、腹腔鏡下ソケイヘルニア手術を行う病院も最近は増えてきています。腹腔鏡下手術も全身麻酔で行います。3mm程度の穴をおへその近くに開け、腹腔鏡とカメラなどの手術操作器具をお腹に入れ、従来法と同様のヘルニアの修復をします。ヘルニア嚢根本を糸で縛り塞ぎます。